スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学内学会が終了しました。

こんばんは。ゼミ生の金田です。

以前から本ブログやtwitterで報告しておりました、
本学の社会学部学内学会主催の研究発表会が13日行われ、
浅川ゼミ3年も参加してきました。

発表テーマは
「持続可能な地域社会をめざして -ひきいる地域を事例として-」
ということで、ゼミ内で行われていた、ひきいるPJに関する活動報告をいたしました。

今までのtwitterのまとめの記事などでどのように進んでいたかが
なんとなくわかっていただければよいのですが、
せっかくなので記事におこしてみようと思います。

(長くなったので何度かに分けて投稿いたします)

--------------------
まず、発表の資料作成にとりかかる前に、どのようなものを軸に発表をすればよいのか
という打ち合わせを行いました。
その際には今まで定期的に行っていた、ひきいるPJと浅川研究室のミーティングの
議事録を用いて考えていました。

結論を先に考え、発表の大枠を作りあげたところで、資料の作成に入りました。
(この時点で既に発表の4日前あたりだったと思います。焦ってました。)
ゼミではレジュメを使い発表を行っていますが、今回は多くの方々に向けた
発表だったので、パワーポイントを用いて発表することにしました。
パワーポイントは大まかに伝えたい言葉を載せるものとして考えていたので
発表側が考えを理解するための原稿も同時に作成しました。

-----------------------
大枠は理解しながら、パワポに反映し、その具体的な内容を原稿に起こす。
この作業は大変苦労しました。
なぜなら、口であいまいながらにも説明できていても、実際にたくさんの人に
理解できるように文章(話す言葉)にするのはとても難しかったからです。

困難を極めたのは、「社会関係資本」の説明と、「考察・課題」の部分です。
社会関係資本とは、人と人とが交わりあい、信頼しあうことで生まれるもので
これを多く保有している地域は豊かなコミュニティが形成されるというものです。
この用語はひきいるPJの目標である「豊かなコミュニティ作り」に関連するとして
R.パットナムの考えをまとめ説明しようとしましたが、さすがは学者さんの考え、
言い回しが難しく、ゼミ生で考えようとすると借り物の言葉になってしまいました。
もう一つの「考察・課題」についてですが、この点は発表の中で重要な部分であるため、
しっかりと伝わるように言葉を選びました。
最終的に、
ひきいるPJの課題→週末のイベントの継続
ゼミ生の課題→情報の発信
という課題にいたりました。
そして、なぜそのような課題にいたったのか、また、解決するとどのようになるか、
説明のため下のような図も作成してみました。

発表資料(PJ・ゼミの展望図式化)

まず、ひきいるPJの活動継続を続けることで、どのような事が生まれるのか。
1)地域住民が活動を知る機会が増える
2)継続して活動に参加する機会が増える
3)活動を継続する事で反響を知る事ができる
 (イベント参加人数の変化、実際に訪れた方の声など)
ということが挙げられ、
学生側は、
1)ひきいるPJ側との情報共有(足りない部分を相補しあう)
2)地域住民への情報提供
ということが挙げられると考えました。

以上の「考察・課題」の部分が、学生がいつもは使わない頭で考えて出した
ひきいるPJに対する考えです。
沢山学生同士で話し合い、先生からの意見を賜り完成させた資料で
13日の発表に臨みました。
スポンサーサイト

ひきいるハウスの上棟式^^

初めて投稿します。

ゼミ生の村木です。

このタイミングで初投稿です(笑)



今回、ひきいるPJの拠点になるひきいるハウスの上棟式というものに浅川先生と愉快な仲間たちと共に参加させていただきました!!

上棟式という儀式は竣工後も建物が無事であるよう願って行われるもので、基本構造が完成して棟木を上げるときに行われるものです。
上棟式特有の儀礼として、
曳綱の儀(棟木を曳き上げる)
槌打の儀(棟木を棟に打ちつける)
散餅銭の儀(餅や銭貨を撒く)
そして最後に他の祭祀と同様直会(なおらい)(ひきいるハウスで散餅銭の儀が終わった後、まちカフェにて行われました)

が行われます。

(上棟式についてよく分らなかったので、少し調べてみました!)ウィキペディア参照“http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%A3%9F%E5%BC%8F”


このような儀式に参加させていただける機会は都心に住んでいる私にとっては、なかなかない経験だったので貴重な体験をさせていただいたと共に、とても勉強になりました。


近所の子供たちの待ちに待った“散餅銭の儀”では皆、わいわい楽しそうにお餅やお菓子を奪い合っていました(笑)
当然私たちゼミ生も負けずに参加しましたよ~!一番楽しんでいたかもしれません(笑)


いよいよ、浅川ゼミの皆が作った野菜引換券の活躍のときです(^^)

因みにこの野菜引換券は、浅川先生も書いていましたが、前回の七夕祭りで使用した地元の和紙を使って作ったんです。

この引換券を持っている人が居ないかと地元の子供たちに、ここぞとばかりに!積極的に話しかけちゃいました!!

多分、上棟式に来ていた子どもとは全員話したと思います(笑)

その中の一人の子に名前なんていうの?なんて言われて、お菓子ももらっちゃいました(^^)こういうところでも<つながり>がうまれるんですね!

野菜引換券も好評で、3人全員は集まらなかったものの、子どもたちだけでなくそのお母さんやお父さん、おじいちゃんやおばあちゃんたちも楽しそうに探している声が聞こえてきました!!

個人的な反省点として、分るように違う袋に入れたり、子どもでも字が読めるようにふり仮名をふればよかったなと…
そんなことは言っても、大成功だったと思います!!!!


このような形で、少しではあるけれど確実に<つながり>は生まれたと思います。そしてこの上棟式に参加してみて<つながり>の大切さをより身近に感じたように思います。


このままひきいるハウスも無事完成してくれると思います。
完成したら是非お邪魔してみたいなと思いました。楽しみです^^

上棟式に参加してきました

 昨日(10/23),ひきいるハウスの上棟式に参加してきました.浅川ゼミからは3年生4名(木谷君,大坪君,村上さん,村木さん),卒業生2名(平田さん,近藤さん)が参加しました.速報記事を,浅川研究室のWEBサイト(http://www.meijigakuin.ac.jp/~asakawa)にアップしましたので,ご覧ください.

 小川町産の和紙で制作した野菜引換券は,現地から,引き換え場所となる「まちカフェ」までの地図も加えて仕上げました.

 参加者の多くが小学生であったため,「まちカフェ」まで引き換えに行くという当初の計画は,遠すぎて断念.急遽,現地に野菜を運び,お渡しする運びとなりました.また,いずれの野菜についても,3枚は揃わなかったため,結局,一枚でも受け取った方には野菜と引き換えさせてもらいました.

 当初の計画から若干の修正がなされましたが,目標は達成できたと思います.ゼミ生が制作してくれた野菜引換券が,「里芋マン拾った人いる?」といった会話を参加者間に生み出し,参加者間に共通の体験をしたという<つながり>―場と経験の共有ーを創出したのです.この<つながり>をさらに多くの人に広げていくために,私たちに何ができるか.さらに考え,そして行動に移していきたいと思います.

 みなさん,お疲れさまでした!(浅川)

野菜引換券完成!

和紙で作った野菜引換券が完成しました。

本日、浅川研究室にて、福田さんと浅川が作業し、完成させました。後は、浅川が忘れないように持参し、袋に入れれば、OKです!みなさん、おつかれさまでした。

里芋マン

里芋マン、確かに受け取りました。これに「裏の説明文」が付くと完成!ですね。素敵に仕上がっていますよ。きっと、喜んでいただけると思います!(浅川)

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。