スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.7.15 発表者 安住

お疲れ様です!
2つもあって大変ですが頑張ってのせまーす
それでは、第17回と第18回のまとめです。



第17回 夏季限定首都機能移転論

●背広を着ないと失礼か
 →ドレスコード:その場にふさわしい服装  これを実現するには「?力」が必要だろうか?

   まず、人は服を毎日主体的に選択したと考えているが・・・
       ↓
   実は、社会の影響・場の圧力を受けている(これは、デュルケムの『自殺論』の考え方と同じである)
            
   これは、P,ブルデューの階層の再生産に関係する資本が関係していてその中の文化資本が重要である!
    
    その文化資本が実現する力に影響をもたらす
    
    そうなると、場にふさわしい人だけがそこにいられるという圧力がかかる
       他者のまなざしなどを考えて服を選択していることになる。
                   ↓ 
  そこで、考えを練りなおすのは自己変革しながらその個人の行動を水路づけるもの
                                             ↓
                                         「ハビトゥス」  
                            ギデンズのなかでハビトゥスにあたるのが・・・ 
                               ギデンズ「再帰性」的近代
          自分が何かしたことが社会に影響を与え、それが自分に帰ってくるこのようにくるくる回っていく。



●東京一極集中の問題
 そもそも、なぜ東京に集中するのか?
 首都だから、国会がある、官庁がある、本社がある
             ↓
 規則・法律をつくるのが近くにある!→国を動かす仕組みが集中
 国を動かす仕組みが近くだと、交渉しやすく、情報が早い
          ↓
 まだ決まってない情報・これから決まる情報・検討される情報なども早く聞ける

 この情報をいち早く企業(本社←政策決定機構)が聞きに行く

 なので、東京にさまざまなものが集まる!


 次に一極集中する理由は?
  →効率がいいから!(集積効果)
    EX)フードコート、フードコート

 ・大阪の副首都化は、あくまで東京のサブをつくるだけであって、分散ではない。



第18回 スーペー少子化論争

●少子高齢化

 人口学区分
 0~14歳―年少人口
 15~64歳―生産年齢人口(労働ができる年代)←→従属人口(年少+老年人口)
 65以上―老年人口

 従属人口比率=(年少+老年人口)÷生産年齢人口


 老年人口率(高齢化率)
 50%以上→限界集落:社会の存続が難しい

   そんな、限界集落ではJA(農業)と役場の人だけしかいない


●核家族の登場(日本の場合) 
 1930年代の人口ピラミッド→多産多死ピラミッド型(発展途上国によく見る)
 ほとんどの農村が兄弟が7,8人いた

 その後 1960年代の人口ピラミッドは釣鐘型になる
  →それは、1930年代に東京・大阪・名古屋に流出した二男や三男たちが都市部で家族を形成したから
 
 なので、核家族は案外新しいものである!

●系譜学と歴史学の違い
 系譜学(M、フーコー)
 パノプティコン: 一望監視装置
 M,フーコーが『監獄の誕生 監視と処罰』で、それを転用して、社会のシステムとして管理、統制された環境の比 喩として用いた。
 
 系譜学はいつから誕生したのか、そして現代にある。のように過去から現在を考えるもである。

 一方、歴史学は昔は~があって、今は~である。というように考える。
 

 歴史学には残るものと残らないものがある。
 残らないものの例として:歩き方・座り方・呼吸法がある。
 それを知るには、絵や方言を調べるのがよい
      
以上です!!
なんかいろいろな人を抜いて書いちゃったけど、まだの人もちゃんと書きましょーね(笑)
あと、飲み会係がテスト終わったら飲みしようと言ってたんで是非しよう!!
楽しい企画待てますw
それじゃー明日は最後のゼミなのでみんな来ることを願いつつ終わりにします。

 09SG1008 安住友一
          

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://asasemi2010.blog76.fc2.com/tb.php/42-eb73add3

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。